読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zero cubeを建てたばい

この度、ゼロキューブを建てました。

注文住宅を建てる醍醐味とは

10年ほど前、関東に住んでいたころに一度、マンションを買ったことがあるけど、その時と比較すると、正直、注文住宅は「面倒くさい」(笑)

 

厳密には、ゼロキューブは規格型の注文住宅だけど、間取りが決まればあとは注文住宅と同じ工程です、たぶん。

 

マンションや戸建ては、たいていの場合、出来上がったものを見てから購入を決めるので、建材やクロス等のカタログを何冊も見比べて、あーでもない、こーでもない、と頭を悩ませることはありませんでした。

 

思えば、マンションのときは、窓枠や窓台、はばき、タイルの色、どうかしたら玄関の扉や収納扉のデザインや色も気にしなかったな~、いったい何色だったんだ(笑)

 

ウチらは夫婦ともども基本的に面倒臭がり屋なので、かなり疲れました。ソファーやダイニングテーブルを購入した日も、妻は「きょう絶対に決めたい!何故ならもう面倒だから!」と絶叫したほど。

 

ちなみに、面倒臭がり屋にさらに輪をかけた実姉に、5年前に新築したときのことを聞いてみたら「ぜんぶ工務店に任せたよ。住んどっても何色だったかなんて気にしたこと無いよ」との回答。

 

そうです、住み始めたら気にならないのです。

 

これはマンションの時に経験済み。のはずなのに、一生懸命頑張ってこだわったのが今回のゼロキューブ。

 

途中、わくわくしたり、ドキドキしたり、時にストレスや憤りを感じた夜、投げ出したくなった朝、そして再び立ち上がった夕暮れ(ポエムかよッ)。

 

結局のところ、こだわりの家に住みたい、のではなく、こだわる過程を楽しむ、のが注文住宅の醍醐味なのではないかと、我ながら悟った今回のゼロキューブ新築でした。

 

結果的に、周辺の建売り住宅の相場より1割以上安くゼロキューブを建てることができ、なおかつ、そんな過程を楽しめたのだから上出来です。

 

そして何より、悩みながらも楽しみながら自分たちで細部まで頑張って決断したことで、それが失敗や後悔だったとしても、思い入れが強くなり、そして愛着が涌き出てくるのです。

 

出来が悪いほど可愛い、とは良く言ったもの。まさに、私たちのお転婆娘たちのように(笑)

 

と、最終回みたいに締めてしまいましたが、これからもまだまだ書いてゆきますよ(^^)/


f:id:rakudietman:20170512203029j:image

※生活感満点のリビング失礼しました\(_ _)

 

1階のリモコンの数は


f:id:rakudietman:20170512051531j:image

左から、Blu-rayレコーダー、テレビ2つ、エアコン、シーリングファン、ダイニングのシーリングライト、リビングのシーリングライト1、同じくリビングのシーリングライト2。

 

テレビと、リビングの6連灯のシーリングライトは、なぜか2つのリモコンが付属してました(^^;

 

最近のシーリング機器はリモコンほぼ標準っぽいから、そうなるよね…。その結果、全部で8つのリモコンがLDKに散乱している状況です。

 

これ以上はいらん、ということで、和室は以前のアパートで使用していたリモンコン無しの蛍光灯タイプのシーリングライトを付けています。

 

リモンコ用の収納スペースも考えないとね…。

のどぐろ食べるのは結構だけど…

山陰地方に住む義父から、のどぐろの煮付けが届きました\(^o^)/

f:id:rakudietman:20170510123910j:image

 

魚好きにとっては、これ以上にないご馳走!

 

娘たちも小さい頃から魚食がメインだったので、娘たちも魚好き。この日も一人1匹ぺろりと平らげました。

 

最近、娘たちは、目の玉の回りや頬肉あたりまで食べるようになってしまい、本当に美味しい部分まで娘たちに横取りされるようになりました(>_<)

 

魚の食べ方を覚えるのは結構だけど、魚の汁がべったり付いた手で、そのお気に入りのダイニングチェアを触るのだけは止めてくれ!


f:id:rakudietman:20170510125033j:image

 

1階の照明位置は慎重に

住み始めて分かること、たくさんありますね。もう次から次へと…というのは言い過ぎだけど、そこそこあります。

 

良かれと思って付けたものが意外と使いにくかったり(床下収納、バルコニー物干し竿)、まったく想定していなかった事象が起きたり(玄関からの雨漏り)、あるいは懸念していたけど実は大した問題ではなかったり(収納の少なさ、和室の狭さ)することも。

 

その中でも、これからゼロキューブを建てられる方に、ぜひ細かく打ち合わせしておいてもらいたいのが、LDKの照明です。

 

とくに、ゼロキューブ標準の広さの吹き抜けにした場合。

 

ゼロキューブのモデルハウスなどを見ても、たいていは階段側にダイニングテーブルを置いているけど、シーリングライトで対応すると、どこにシーリングを付けたとしてもダイニング側がどうしてもしっくり来ません(>_<)


f:id:rakudietman:20170509223833j:image

 

ダイニングテーブルの真上に照明を持ってこようとすると、階段を照らすダクトレール照明にかなり近い位置になるし、ダクトレールから離すとダイニングテーブルの真上に照明は来ない。

 

本来、ダイニングをペンダントライトにしたかったけど、ウチの場合、深く考えずに適当な位置にシーリングを付けてもらっていたので、ダイニングテーブルの真上に来ないペンダントライトは諦めた経緯があります。

 

では何が正解だったのか。

 

1つは、現在2つ付けているシーリングを1つに減らして、もう1ヶ所はダウンライトにすること。この際、2ヶ所ともダウンライトでも良いかも。

 

ちなみに、ダウンライトだと、シーリングライトのデザインに悩むことがなくなるのもメリットかな。

 

実はウチは未だに悩んでいて、ダイニング側のシーリングライトは近所のホームセンターで半額で購入した現品を仮で付けてます。いろいろ見て回ったけど、なかなかしっくり来ないので( ̄~ ̄;)

 
f:id:rakudietman:20170509223855j:image

※ダイニングテーブルの端に来ている仮シーリングライト

 

もう1つ方法があるとすれば、階段を照らすダクトレール照明も含めて、1階の照明全体を見直すこと。

 

結局のところ、ダクトレールがあんなとこ(?)に付いているので、ダイニング照明との兼ね合いが難しくなっていると思います。


f:id:rakudietman:20170510065817j:image

 ※あんなとこに付いてるウチのダクトレール

 

いっそのことダクトレールを無くして、階段は外灯用のマリンライト的なもの(写真)を壁付けすれば、かなりお洒落!

f:id:rakudietman:20170509224042j:image

 

そしてリビング・ダイニングは全てダウンライトにしてしまえば、シンプルでお洒落に照明を演出できたのではないかと、今さら思ってます。

 

ウチは時すでに遅し、ですが…、せめて仮シーリングライトをしっくり来るやつに変えたーいっ!

 

 

 

オープン階段の踏み板

我がゼロキューブは、階段下の収納を残して手摺り部分だけをスチール製にしたオープン階段を採用しています。

 

 費用は+20万円。

 

ゼロキューブは収納少な目のため、どうしても階段下の収納は残しておきたかったのと、立地的に陽当たりが怪しかったので手摺りをスチールにすることで少しでも日照を確保したかったのが、オープン階段を採用した主な理由。

 

ちなみに、階段下を完全に無くしたスチール階段は、費用が100万円に跳ね上がるとのことで、即、候補から外れました(;^∀^)

 

実際に住んでみて、オープン階段にして良かったと思ってます。スチール階段に比べて費用も利便性も良いし、何より陽当たりが抜群。

 

しかーし、一点だけ後悔。

 

このオープン階段、打ち合わせをした項目は手摺の色のみ。なんとなくイメージがあったので、それで十分と思っていたけど、出来上がってみると、何やら踏み板がかなりはみ出してました(-ω- ?)


f:id:rakudietman:20170508092938j:image

約10センチ。

 

なかなかの出っ張り具合です。

 

「お子様の安全性を考慮して幅は広めにしています」と出来た後に現場監督から説明がありましたが、むしろリビングの階段近くを子供が移動するときに、頭や肩を出っ張りにぶつけないか、少し心配(;゚Д゚)

 

手摺りを踏み板に留めてる部分はこんな感じ↓

f:id:rakudietman:20170508183018j:image

 

この幅は指定できなかったのかな? ひょっとしたらスチール手摺りを留める部分の強度を保つためには幅は広い方が良いのかもだけど、もし幅を指定できたのなら、あと5センチは縮めたかったな…。

 

そうすると、階段脇にちょっとしたチェスト等の家具を置きやすくなるので。これ確認不足でしたね。

 

ゼロキューブだって雨のことは考えている!?

今朝は雨。

 

ゼロキューブにとって雨は最大の敵!と、巷では言われてますが、実際はどうでしょう。

 

サイコロ外観のデザイン性を重視した結果、一般的な住宅には当たり前のように装備する「軒(のき)」や「廂(ひさし)」が標準では付いていません。

 

一応、オプションで付けることは出来るけど、そこはデザインとの天秤。ウチはデザインを選んだという訳です。

 

おそらく多くのゼロキューバーが付けないんじゃないかな(  -_・)?

 

そこで心配なのが雨の日。軒や廂がないので雨がたくさん振り込んでくるイメージがあります。

 

でもね、住んでみて分かったけど、ゼロキューブ(施工会社?)って意外と雨の日の事を考えてるんだな、と実感しています。

 

ウチの場合、トイレ、脱衣場、子供部屋など、北側の部屋は、FIX窓か、窓の上部を吊元にした横すべり窓。

f:id:rakudietman:20170508195051j:image

※脱衣場の横すべり窓


f:id:rakudietman:20170508195143j:image

※リビング西側の横すべり窓

 

FIX窓が雨の影響を受けないのは当然として、この横すべり窓も弱い雨なら振り込むことがないです。窓自体が廂の役割を果たしているので。

 

横殴りの強い雨だとアウトですが、その場合は軒や廂があっても、おそらく振り込むだろうし(^^;

 

問題は、2階バルコニーに面した窓と出入り口ドア、それと1階のリビング南側の出入り口と、+BOX和室にある2つの窓。

 

これらの窓は標準のままだと、雨の日に窓を開けると雨ザーザーです、間違いない。

 

ただし、タイルデッキに面した、1階リビング南側と+BOX和室の東側の縦すべり窓は、テラスを設置することで解決してます。

f:id:rakudietman:20170508202548j:image

 

2階バルコニーもよく見たら、屋根から南側に流れてくる雨水を受ける配水管が、廂の役割をしていました。貢献度は、ほんの少しだけど。

f:id:rakudietman:20170508202827j:image

 

ということで、我がゼロキューブの場合、実質、雨に悩まされるのは+BOX和室の南側の腰高の引違い窓だけ。雨の日は、この窓だけ開けないようにすればOK!

 

と、まあ、ここまでは構造上の雨の問題に触れましたが、では、実際に雨が降っても窓を開けなきゃならんシチュエーションってある?

 

と考えると、この問題は意外と些細な問題のように思えてきます。ということで、もし雨問題で迷っている人は、テラスだけ付けて、あとは直感で決めたらよろしいかと思います(他人事!?)。

 

吹き抜け大窓から見えるもの

吹き抜けの大窓は、駐車場同士が隣り合う東側を向いていて、隣家の建家と十分な距離があるため、窓からは空以外、何も見えませんでした。

 

が…、隣家の棟上げが終わると、三角屋根がひょっこり見えるようになりました(^^;


f:id:rakudietman:20170507135529j:image

 

それでも日照に影響はなさそうだけど。

 

ただし、反対の西側のお宅は、ウチが建つまでは東側の庭に洗濯物を干していたけど、ウチのせいで陽当たりが悪くなってるはず。

 

申し訳ないけど仕方ない、仕方ないけど申し訳ない(/。\)